東洋医学のご紹介

service4

「病気ではないけれど、なんだか最近体の調子がすぐれない・・・」
末田薬局では、そのような方には ぜひ「漢方薬」をお試しいただきたいと思っております。

漢方とは未病を癒すこと

「漢方」という言葉からイメージするものは人それぞれですが、まず知っていただきたいのは、日本(津山)が誇るべき文化であるということです。

古代中国で生まれた経験医学が日本に伝えられたのは、5〜6世紀頃のこと。
その後、気候風土や日本人の体質に合わせ、独自の発展を遂げました。「漢方」という名称自体、西洋医学の「蘭方」と区別するため江戸時代に名付けられたものです。津山藩医たちは宇田川家などに代表されるように、洋学から薬草収集まで幅広い分野で活躍しました。

時代の最先端を走り抜ける文化は、今日まで脈々と継承されてきています。
数千年にわたる経験医学から、漢方薬の効き目と安全性は立証されてきました。
現在、その効果は科学的にも解明されつつあり、最先端の医療現場でも積極的に取り入れられています。
漢方はクールな「ジャパニーズカルチャー」のひとつとして、今こそ世界に発信すべきものです。

末田薬局ではより効果的な生薬を提供できるよう、岡山県北の安全安心な土壌と水、そして空気で薬木の植栽をはじめました。

理想とする未来を築くため、独自の未病文化を歩みます。

バランスを崩した身体からのシグナル、その声を聞き取る時間を持ちましょう。なんとなくの不調は、心と身体のアンバランスの信号です。人間が本当にたのしく健康的に生きるにはどうすればよいか、それを一緒に考えて行きましょう。

traditional1 traditional2

初めての漢方薬

「体質改善や漢方薬は興味あるけどむずかしそう」という方も、カフェで気軽に学んでいけます。「未病」を癒したり、病気の予後や予防に生薬を用い、根本的な抵抗力を高めます。

煎液を1回分ずつレトルトパックに高圧抽出機を使い、有効成分を濃厚に煎じます。自分で煎じる面倒な手間が不要。レトルトパックを開封し、中身の薬液を別の容器に移して飲むだけです。

traditional3 traditional4

たとえば、以下のような症状はありませんか?

048

便秘、肥満、冷え、不眠、肩こり、慢性疲労

これらは、自己免疫力を高めることにより快方へ向かう
症状とされております。

漢方薬の効果をぜひ皆様にもお試しいただき、効能を
実感していただきたいと思います。

これから、漢方薬や東洋医学に関しての情報をどんどん
紹介していきます。よろしくお願いいたします。

PAGETOP